スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミカちゃん&ハッちゃんの避妊手術

ミカちゃん、ハッちゃん、体重が1kgを超えたので
齋藤先生の手で、不妊手術が施されました。

IMG_0982.jpg

2にゃんが保護されているモコ動物病院では、
基本的に2ヶ月齢以上、体重1キロを超えて健康状態が良好であること
オスについてはニャン玉がおりていることを条件に
飼い主のいない猫の去勢・不妊手術をボランティア価格で実施しています。

IMG_1550.jpg
ハッちゃんは不妊手術のときに、女のコだと判明しました。
♀→♂→♀、3度目の性別転換です。混乱させてすいません。

モコ動物病院で保護されている仔猫たちに関しましては、
里親さまに、不妊手術の料金とワクチン代の負担の
ご協力をお願いしています。

IMG_1542.jpg

早期不妊手術に関しては、賛否両論ですが、齊藤先生は、
「子猫は麻酔からの覚めが早く、傷の治りも非常に早いです。
メスの仔猫はおなかの中の脂肪が少なく、比較的子宮が取り出しやすいので
手術時間も短時間で済みます」とおっしゃっています。
カラダへの負担は早期の方が少ないみたいですね。

IMG_0967.jpg

私も少し調べてみました。
日本では、反対する獣医さんも多いそうですが、
アメリカでは、幼齢不妊去勢が支持されているみたいです。

「アメリカ獣医師会は、幼齢(8-16週齢)の犬猫に対する卵巣子宮摘出術/性腺摘出術を、
これらの動物の増殖を抑制する手段として支持する。
1993年よりアメリカ動物病院協会及び
The American College of Theriogenologists(動物繁殖学)は、
幼齢不妊去勢手術を支持する。」

どちらがいいのか、私にはわかりませんが、
手術の2日後にあったミカちゃんとハッちゃんは、
超元気に走り回っていました。

きみたち、そんなに暴れて大丈夫なの?
と、聞きたくなったくらいです。

こちらは、同じ三毛でもまだまだおとなしいピカソちゃん。
かわいいひとり遊びをご覧ください↓





ピカソちゃん青い眼シスターズミカちゃん&ハッちゃんパパ&ママ募集中!です。
お問い合わせは、gokigennyan@gmail.com
ふくりむまでお願いいたします。



     仔猫たちに、幸せなご縁がありますように!
    ↓2つクリックしていただけるとウレシイです↓
 人気ブログランキングへ     にほんブログ村 猫ブログ猫 里親募集へ



いつもありがとうございます。






スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

手術は獣医師の腕と、飼い主との信頼関係ですよね
猫の状況を十分考慮されたやり方だと思いました

会社の関係で某地域の獣医師さんにTNRに関する料金と段取りを伺ったら、事前に酸素室に1日入るとか術後の経過を必ず見るとか様々なオプションが必須で、ノラネコのTNRであっても心臓病でも同じ段取りを踏みます、と言われました
よって料金もTNRではあり得ない値段を提示されました
それはその獣医師のポリシーで決して間違っているわけではありませんが、少なくとも患畜目線の医療ではないなと思いました

病院もれっきとした経済活動を営んでいる業ですから、こちらの都合ばかり言ってはいろいろ難しくなりすが、飼い主も獣医師も、状況に応じて臨機応変に、ですね

No title

先日ハワイのアニマルシェルターから日本にいらしていた獣医師の方の講演会に行って来たのですが、仔猫の譲渡は生後8週間以降でしかも避妊・去勢を必ず済ませてからしかお渡ししないとの事でした。
ふくりむさんが仰る通り、日本ではまだまだ先入観があって早期の手術に踏み切って下さらない獣医さんが多い中、もこ動物病院は格安での手術等、本当に良くやって下さっています。
私達のようにTNRを頻繁に行っているボランティアにとっては正に救世主ですね。頭が下がります。

Re: No title

ぐーやま様もご自身でTNRをされているので、料金面は切実ですよね。
私は、高度医療を追求する獣医さんも必要だと思いますし、
そういう獣医さんがいらっしゃるのも飼い主としては心強いですから•••。
でも、齋藤先生の活動には本当に頭が下がります。
ぐーやま様にもご紹介できるといいのですが。
もし会社周辺でのTNRなら、おっしゃってくださいね。

Re: No title

すみちゃんさま、そんな講習会にも行かれてるのですか。
私は、ずみちゃんさんの熱意にも頭が下がります。
今日、保護された仔猫の写真を先ほど拝見しました。
かなり状態が悪そうですね。
保護できなかったら、危なかったかもしれませんね。
よかったです。
MYプロフィール

ふくりむ

Author:ふくりむ
My Cats

恵(ケイ)ちゃん
一応ブログの ヒロインで、
元猛獣野良仔猫。 里親さんを
探すも見つからず 2010年3月、
わが家の3番目の ネコに。
FIVキャリア


IMG_6953_convert_20100422161359.jpg
福ちゃん
わが家の女王さま。
猫だと思ってないので、
猫がキライ。最大の願いは
黒いコと茶色いコが
いなくなること。


IMG_6847_convert_20100131144217.jpg
チャーリー
元野良猫。2007年7月、
推定3~4歳でわが家の猫に。
最初は触れなかったのに、
今では抱っこが大好き。
小心者の超甘えん坊。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
お問い合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
BLOG RANKING
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。