スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカンリングテイル

先日、「ロイミちゃんことシバくんは、
アメリカンリングテイルという希少種かもしれない」
というコメントをくださった方がいます。

アメリカンリングテイルなんて種があるなんて
知らなかった〜〜〜

アメリカンリングテイルの特徴は、
リングのようにカールしたしっぽだとか。

IMG_0606_convert_20100531163348.jpg
ロイミちゃんのシッポは確かに独特だった。

こんな面白いシッポは
後にも先にもロイミちゃんことシバくんだけ。

もうひとつの特徴、
指の間の水かきは、覚えてないけど
さっそくシバくんママにお伝えしたら
近況メールがかえってきました。

Photo by シバくんママ
IMG_3892.jpg

ご連絡ありがとうございます。
さっそくアメリカンリングテイルのページを見てみました。
なるほどシッポは同じ感じですね、
「そんな希少価値なら高く売れるかな?」
と旦那様と話しましたが、なにせこの乱暴者。
また捨てられて拾われてウチに戻って来るよ、
との結論に達しました(笑)

シッポのクルンを「柴犬みたい!」
との単純な理由で「しば」なんて名称にしちゃいましたが、
やっぱり彼の特長ですよね。
(ゴメンね、そんな立派な銘柄だったなんて)

相変わらずしば君はお留守番の時は良い子です。
イタズラはしません。
でも私達の前ではやりたい放題!です。
お腹が空いてる時は旦那様に後ろから飛びかかり、
私には顔めがけて突進して来ます。
朝は髪の毛に噛りつき起こしてくれます。
最近は鰹節がマイブームのようです。
体重は安定しています。
春にはまたアレルギーがでるかな?
ま、どんな正体でも仲良くやっていきたいと思ってます。
写真は近頃よくやってる寝相です。
この時はゴーゴーとイビキをかいてます。


あいかわらずのオレ様ぶりを発揮しているようでした(汗)

アメリカンリングテイルの性格は、
友好的で愛情深く、好奇心旺盛、、、、、ちがうやん(笑)
でも、シバくんのオレ様ぶりは、
飼い主さんへの愛情と信頼なんだろうなって思います。
だって、お留守番の時はいい子なんだもん。



    希少種であってもなくても、シバくんは幸せだよね!
    ↓2つクリックしていただけるとウレシイです↓
 人気ブログランキングへ     にほんブログ村 猫ブログ猫 里親募集へ



いつもありがとうございます。




スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ふくりむさんこんばんわ。
以前ロイミちゃんのしっぽの記事にコメントしたmikaです。

えー、どうやらすこし勘違いをさせてしまったみたいで・・・・
ややこしい話なんですが、しばくんはアメリカンリングテイルではありませんよ。
とういうか、アメリカンリングテイルはまだどこの団体にも品種として公認されていないんです。
アメリカンリングテイルというのは、ソロモンとその子供達のことを指していて、つまり、
アメリカンリングテイルはまだ世界に数十匹しか存在しないんです。
つまり、しばくんがアメリカンリングテイル(ソロモンかその子供)の血を引いてるということはまずなくて、
だからアメリカンリングテイルの性格や水かきの特徴も一致はしないんです。
私がしばくんのしっぽがすごいと言ったのは、そのアメリカンリングテイルという
新しい品種の元にもなったソロモンと同じカールしたしっぽをもっているということなんです。

わかりますか・・・?説明が下手で申し訳ないです。。。

例えば、有名な猫の品種でスコティッシュフォールドというタレ耳の猫がいますが、
それの元になったのはスコットランドの農家で偶然生まれたタレ耳の猫で、
その猫を元に以降改良が重ねられ繁殖され有名な品種になりましたが、
アメリカンリングテイルをスコッティシュフォールドとするなら、
しばちゃんは親やご先祖様にスコッティッシュフォールドの血があるわけでもないのに
スコットランドの農家で生まれた猫とおなじように偶然にも耳が折れ曲がって生まれたんです。

しばくんはソロモンとはなんの関係もないけど、
ソロモンと同じく偶然カールしたしっぽを持って生まれたんです。

うーん。。。イマイチ凄さが伝わりませんかね・・・・・・

例えばもし、カールしたしっぽという固有の遺伝子を持つソロモンが保護されなかったなどして
アメリカンリングテイルという品種が生まれなかった場合、
ふくりむさんか今のしばちゃんのご主人様がしばちゃんを猫の遺伝学者に見せ、
しばちゃんが特有の遺伝子を保有している事がわかれば、
しばちゃんがカールしたしっぽを持つという新しい品種の元祖になっていた
可能性もあったかもしれないということなんです。

お分かりいただけたでしょうか・・・・?

加えて、カールしたしっぽをもつソロモンもほんの十年前発見されたもので、
それまでカールしたしっぽを持つ猫が発見されたことはなかったんです。
もしかしたら、このしっぽをもっている猫は日本にはしばくんしかいなかったりして・・・?

あと、記事に希少価値と書いてありますが、三毛猫のオスは古くから
希少で神聖なものとして言われてきたため売れば大変な値になりますが、
しばちゃんが高く売れるかは微妙です(笑)

ただ、もししばちゃんの避妊・去勢手術がまだ済んでいないのなら、
ソロモンを元祖としたアメリカンリングテイルの繁殖活動家にあげるなりすれば、
アメリカンリングテイルの品種確立に一役買うことは思います。
(私としては、今の飼い主さんのお家で幸せに過ごしてほしいですが)

・・・・・・なんだかとっても長くなってしまいましたね、ごめんなさい。
とにかく私がいいたかったことは、『しばちゃんはアメリカンリングテイルではなく、
偶々アメリカンリングテイルと同じしっぽをもって生まれた猫、
でもそれはとてもすごいこと』ということです。

長い上に説明下手で申し訳ないです・・・・・
わかっていただけたでしょうか?

なにか質問あればお答えしますね。

Re: No title

mikaさま、丁寧な説明ありがとうございます。
シバくんには、水かきはないと思うので、
どちらによ。アメリカンリングテイルではないと思います(笑)
ただすごく夢がありますし、
シバくんのシッポ、本当に独特で珍しいな、と思っていたので、
教えていただけて、うれしかったです。

まあ、アメリカンリングテイルだったとしても
飼い主さんもシバくんを手放す気がまったくありませんし、
シバくんは希少種になるより、今のままが一番幸せなんでしょうね。

リングテイル

はじめましテ。リングテイルで検索してたどり着きました!

当方の♀MIXこむぎ(こむぎっちょ)もリングテイルです。
少し伸びているときもありますが尾先をしょっちゅうくるくると巻いたり伸ばしたりクリと乗っている時有りですが・・・。猫種でリングテイルを発見して・・・もしかしたら・・と思っています。また他のおうちでもこんな子がいるのでは?と検索してみました。
こむぎの母は、尾がちょっと曲がった長い尻尾のお母さんです。その両親はボブテイルと長尻尾。ですので、思うにボブと長尻尾の交配で出来るのではないかな?とも思っています。

なんかお仲間発見でうれしくなりコメントしてしまいました。

またブログ拝見させていただきますね。
MYプロフィール

ふくりむ

Author:ふくりむ
My Cats

恵(ケイ)ちゃん
一応ブログの ヒロインで、
元猛獣野良仔猫。 里親さんを
探すも見つからず 2010年3月、
わが家の3番目の ネコに。
FIVキャリア


IMG_6953_convert_20100422161359.jpg
福ちゃん
わが家の女王さま。
猫だと思ってないので、
猫がキライ。最大の願いは
黒いコと茶色いコが
いなくなること。


IMG_6847_convert_20100131144217.jpg
チャーリー
元野良猫。2007年7月、
推定3~4歳でわが家の猫に。
最初は触れなかったのに、
今では抱っこが大好き。
小心者の超甘えん坊。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
お問い合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
BLOG RANKING
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。